FROM DESIGNER’S MESSAGE

サステナブルとの向き合い方

『新しいブランドができることで
何かが搾取されるのは違うと思った』
素材選びや取り組みだけでは意味がない
いいモノを長く着てもらうことが本当のサステナブル